rss ログイン
JJ1RLWのXOOPS Cube Siteにようこそ

メインメニュー

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

オンライン状況

1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが xpress ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンタ

今日 : 104104104
昨日 : 8787
総計 : 225235225235225235225235225235225235

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

xpress ブログ » » RADIO

  カテゴリー ‘RADIO’ のアーカイブ
WordPress for XOOPS

RC飛行機やRCヘリからの映像伝送、最先端の“空撮”

最近、テレビの映像に、マルチコプター(ドローン)を使って撮影されたであろうと思われる場面が多く見られる様になったと思います。

以前から小型ビデオ伝送装置をRC機体に搭載して、モニターしながら撮影出来る機器は販売されていたと記憶しています。
この装置は無線設備にあたり、使用するには無線局免許が必要となります。
まあ、実験目的ならば、アマチュア無線技士の資格でアマチュア無線局の免許を受ける方法で合法的に利用可能だと思います。

近年のビデオカメラ、ジャイロ、GPS、加速度計などの小型化、低価格化が進み、これらの機器を小型のRC機体にも搭載出来る様になったと思います。
海外製の小型ビデオ伝送装置を国内法(電波法)に適合する様に改造して、無線局の免許を受ける方法もあります。
この手の機器には、「ちょっと面白そう」と興味がそそられますね。

私の所属するRCクラブにも、なぜかアマチュア無線技士の資格を持っている方が結構います。
RC飛行機の世界に入ったのも、アマチュア無線クラブの先輩に誘われたのがきっかけで、私がアマチュア無線局を開局した当時、国内外の局とSSTV通信をしていた先輩局の所によく遊びに行っていた記憶があります。

参照サイト

<月刊「ラジコン技術」の誌面で紹介>アマチュアバンド5.6GHz帯を映像モニター用として利用する、最先端の“空撮”とは!?
アマチュア無線でRC FPVを楽しむ
デジタルアマチュアテレビジョンのホームページ
2.4GHz帯, 5GHz帯周波数の使用状況

無線機のバックアップ電池交換

遂に無線機(YAESU FT-100)のメモリ機能が動作しなくなりましたので、取り敢えずバックアップ電池の位置を探して交換する事にしました。
ここの情報を参考にして、分解作業に取りかかりましたがプラスの皿ビスが緩まず、なめてしまいました。
仕方なく、いとこに頼んでフライス盤を使ってマイナスドライバーが使える様に溝を切ってもらい、皿ビスを外しました。

この無線機は結構古い機種なので保守用品も直ぐには手に入らないだろうと思い、類似品に取り換える事にしました。
純正品はリチウム電池のCR2025なのだが、手元にCR2032があったので代用する事にして、リチウム電池の周囲を絶縁処理して、元の位置に固定して交換作業は完了です。
動作チェックもOKなので、これで当分はFT-100もがんばって働いてくれると思います。 😀

総務省 電波利用 電子申請・届出システム アプリケーションに問題が

総務省 電波利用 電子申請・届出システム や総務省 電波利用 電子申請・届出システム Liteを利用して電子申請を行う準備の為に、総務省 電波利用 電子申請・届出システム の最新版アプリケーション(Ver. 3.0.15)をインストールして見ました。

前回、再免許の時に作成した申請者等の情報、周波数等の情報、工事設計書の情報(送信機等)を再利用できるものと思っていましたが、やはりかなり作り込みが悪く、申請書の区分を「再免許」から「変更」にすると周波数等の情報、工事設計書の情報(送信機等)が消えてしまいます。

そこでXMLデータをエディタで、<申請区分>BAを<申請区分>CAに変更して、再度、総務省 電波利用 電子申請・届出システム でファイルを読み込むと、前回申請した内容を読み込んでくれました。

過去のデータを有効に利用できない、なんともお粗末な作りのアプリケーションの様に思えますし、どうも、このアプリケーションはユーザーの立場より、総務省の立場で作っている様にも見えます。

総務省の担当部署が早急に改善してもらえることに期待したいと思います。

アンテナタワーが建設から29年経過

アマチュア無線のアンテナタワーが建設から29年が経過し、一部にサビが出始めた程度なので、よく持った方だと思います。 😆

このタワーは、クリエイトデザインの自立型タワーKT6(現行のKT13Cに相当)で、自分で組立、基礎部の穴掘り、水準器を使った垂直出し、コンクリート打ち、滑車を使っての組み上げまでを手作業で行いました。 😀

今後、タワー本体の亜鉛メッキ塗料「ローバル」での塗装、ボルト類を亜鉛どぶ漬けの物に交換する予定です。

アマチュア無線局の再免許申請を電子申請で

アマチュア無線局の再免許申請を電子申請で行ったおかげで、再免許申請期限ぎりぎりで、滑り込みセーフでした。...ほっとしました。(^_^;
電子申請用プログラムや申請書記載方法などが、結構変わってしまい少し手間がかかりました。

具体的な電子申請の手順は、後日記載したいと思います。

香取市誕生”JCC”

2006年3月27日で千葉県佐原市(JCC#1209) から千葉県香取市(チバケン カトリシ)(JCC#1236)になった。

近くには香取神宮があり、新市の名称としては妥当な線ですね。..(^_^)

QSLカードの在庫がかなりあるのでプリンタで訂正印刷をしなければなりません。..(^_^;


 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2016 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.